医薬経済社

医薬経済社

医薬経済は医療・医薬を取り巻く環境の「いま」にフォーカス!

医薬経済WEB

2012年2月1日号

Cover.古川英隆

「生きるという病」 誰でも生まれた以上は必ず死ぬ。つまり、生まれながらにして治らぬ病に罹っているのとおなじだ。それを皆、普段は忘れている。だから老いて初めて、また不治の病を患って初めて、自分が死ぬことを意識するのだ。

googleAdScence

googleAdScence