医薬経済社

医薬経済社

医薬経済は医療・医薬を取り巻く環境の「いま」にフォーカス!

記者コラム

閉じる

とんぼり通信

  • 介護労働者の痣

    2018年05月07日
    とんぼり通信

     今回は大阪だけのテーマではないが、最近の取材から。連休中に、大阪市内の介護施設で介護に従事する人たちの話を聴く機会があった。きっかけは、筆者のもとにメールで送られてきた数葉の写真。いずれも彼らが、入所者から受けた ...[続きを読む]


  • 淀川区の床屋談義

    2018年04月28日
    とんぼり通信

     武田薬品がアイルランドの製薬会社、シャイアーを買収することが報じられてから、大阪の街の人々も新薬系大手製薬企業の環境変化に戸惑いを隠せないようだ。国内企業による買収のケースとしては、ソフトバンクの2016年英半導 ...[続きを読む]


  • 難波が東京の日本橋を越える

    2018年04月24日
    とんぼり通信

     今回もインバウンド関連の話題。大阪の現状を知らせるには、やはりインバウンド効果をみるのが手っ取り早い。東京もそうかもしれないが、多くのアジア系の人々が大阪の地下鉄、繁華街に溢れている。それにしても、どうして彼らは ...[続きを読む]


  • すっきりと情熱の植松氏を送る

    2018年04月16日
    とんぼり通信

     3月7日に逝去した植松治雄・元日本医師会長を悼む「偲ぶ会」が、4月15日に大阪市内のホテルで開かれた。約500人の関係者が参列したが、会自体は華々しさを抑え、地味な印象が残ったが、それだけにすっきりと簡潔に進めら ...[続きを読む]


  • 歩く褒美が欲しいポケモンGO

    2018年04月11日
    とんぼり通信

     4月3日付のRISFAXに、スマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「ポケモンGO」が健康に好影響を与えているという調査結果が、日本薬学会年会で報告されたとの記事が載っていた。体重や血圧の低下がみられたほか、一部「 ...[続きを読む]


  • ネガティブ医療ツーリズム

    2018年04月05日
    とんぼり通信

     大阪・ミナミの道頓堀界隈を飲み歩くと、すれ違う人は大半が外国人。最近の大阪の盛り場の風景の激変ぶりに改めて気付かされるし、まだそういう風景に慣れていない自分にも気付かされる。飛び交う言葉の多くが中国語や韓国語、さ ...[続きを読む]


  • 花見はどこだって楽しい

    2018年04月02日
    とんぼり通信

     アイケア商品や化粧品などで、アジア地域でもブランド価値を確立しているのがロート製薬。ここで改めて、詳細に企業紹介をするつもりはない。だが、大阪の製薬企業にもかかわらず道修町には本社はなく、本社があるのは大阪市生野 ...[続きを読む]



  • 大阪のフェルメール展

    2018年03月23日
    とんぼり通信

     仕事柄、医学や医療系の本を読むことが多いが、医学史、あるいは医療史に関する記述が多いものを読むと、必ずといっていいほど登場するのが、オランダのアントニ・ファン・レーウェンフックだ。1600年代に顕微鏡作製に尽力し ...[続きを読む]


  • 意味不明の二足の草鞋

    2018年03月20日
    とんぼり通信

     大阪府薬剤師会の会長は藤垣哲彦会長の5期目続投が決まった。RISFAXなどでも報道されたが、この続投は何だか不透明感の強いものに映る。 というのも、2月19日に開かれた定例 ...[続きを読む]


担当者一覧

googleAdScence

googleAdScence