医薬経済社

医薬経済社

医薬経済は医療・医薬を取り巻く環境の「いま」にフォーカス!

記者コラム

閉じる

とんぼり通信

  • 薬局薬剤師業務の世間の評価って

    2017年11月20日
    とんぼり通信

     来年度の診療報酬改定に向けた中医協での議論が佳境に入っている。そうした中で調剤技術料関連、とくに薬局薬剤師業務のあり方に向かい風が吹いているような印象を受ける。それは中医協での議論とは別の世間一般の評価のことだ。 ...[続きを読む]


  • 「敷地内薬局」で考えること

    2017年11月14日
    とんぼり通信

     昨年10月に規制緩和となり解禁された形の調剤薬局の病院敷地内開設が各地で徐々に具体化し始めている。関西でも滋賀医大病院や大阪国際がんセンターで、敷地内薬局を公募する動きが顕在化し、関西の薬剤師会は共同して関係機関 ...[続きを読む]


  • 簡単に盗まれるなよ

    2017年11月07日
    とんぼり通信

     ほかの地方では報道されているのかどうか知らないが、関西では8月以降、薬局での盗難が相次いでいる。狙われるのは医療用麻薬。11月1日に大阪府貝塚市で起きた盗難では、医療用麻薬が500錠入った金庫が盗まれた。警察の発 ...[続きを読む]


  • 身元保証人とクレジットカード

    2017年10月31日
    とんぼり通信

     数年ほど前になるが、関西圏のある病院を取材で訪れたとき、相手のドクターの診療が長引き、外来待合室でかなりの時間を待たされた。こういうとき、待合室の掲示を観察する。この病院は、基本的に初診外来を受け付けない。紹介状 ...[続きを読む]


  • ちょっと微妙な再使用問題

    2017年10月25日
    とんぼり通信

     神戸製鋼のデータ改ざん問題は関西にはショックが大きい。関西経済全体の沈下傾向がインバウンド効果などで多少歯止めがかかったようにみえてきただけに、取引先500件に上るという状況を考えただけでもその影響は小さくはない ...[続きを読む]



  • ヒヤリハットはどこへ行った

    2017年10月11日
    とんぼり通信

    「ヒヤリハット」という言葉を聞いたのはいつ頃からだっただろう。インシデント報告を促す意味で、ある時期、医療機関では盛んに使われていた。その頃は、病院関連の学会に行くと、ヒヤリハットをテーマにしたシンポジウムが多く、 ...[続きを読む]


  • 政治力を失った医師会

    2017年10月04日
    とんぼり通信

     臨時国会での冒頭解散なんて、オジサン世代にもあまり記憶のないものだが、ともかく今月は総選挙が行われる。かつては国政選挙ともなると、医師会の動きはひとつの焦点だった時代がある。とはいえ、地域医師会もほとんどが時の政 ...[続きを読む]


  • 儲からない「GE80%」への道

    2017年09月26日
    とんぼり通信

    「2017年央に70%、18年度から20年度末までのなるべく早い時期に80%以上」。2年前の15年6月に閣議決定された骨太方針の中で決定されたジェネリック医薬品(GE)の普及率(数量ベースシェア)の数値目標だが、「 ...[続きを読む]


  • がん検診全国最下位だというのに

    2017年09月23日
    とんぼり通信

     ようやくというか、遅まきに過ぎるというか、関西地方、特に大阪ではこのところがん検診に対する関心が強くなっている。今年になって、大阪国際がんセンターが旧大阪府立成人病センターから名称を変更、新設移転したことや、近畿 ...[続きを読む]


担当者一覧

googleAdScence

googleAdScence