医薬経済社

医薬経済社

医薬経済は医療・医薬を取り巻く環境の「いま」にフォーカス!

記者コラム

閉じる

とんぼり通信


  • 監察医制度をやめたらアカン

    2017年03月25日
    とんぼり通信

    大阪府は、昨年秋ごろから変死体の死因を調べる「監察医制度」の廃止を視野に検討していたが、3月17日の有識者会議で存続の方向性で結論を得たことが明らかになり、話題になっている。昨秋の報道では、府の監察医 ...[続きを読む]


  • キタばかり繁栄する大阪の未来って

    2017年03月21日
    とんぼり通信

    大阪に住んでいると、この10年間に街の風景が大きく変わっていることを実感する。とくに高層マンションが急速に増加した。この傾向は、大阪市北部で顕著で、西区、北区、淀川区に集中している。大阪市は先ごろ、このまま推 ...[続きを読む]


  • 異議あり、お笑い臨床実験ブーム

    2017年03月16日
    とんぼり通信

    大阪のがん拠点病院である旧大阪成人病センターが、大阪国際がんセンターとしてリニューアル移転、3月1日にオープンした。その大阪国際がんセンターが、「お笑い」の効用について、吉本興業など関西芸能事務所の協力を得て ...[続きを読む]


  • 費用は誰が?大阪の再生医療拠点

    2017年03月10日
    とんぼり通信

    医薬経済3月1日号に「猫も杓子も『再生医療』事業の末路」という記事が掲載されていましたが、面白かったですねぇ。まだ読んでない人は一読を。「猫も杓子も」という慣用句は、関西では行政も似たようなところがあ ...[続きを読む]


  • 金本選手のネックレス

    2017年03月04日
    とんぼり通信

    言わずもがなだが、関西には熱狂的な阪神タイガースファンが多い。優勝でもすれば道頓堀ダイブは恒例となったが、数少ない他チームファンの筆者には、同じ大阪の空気を吸っていても理解できないことが多い。スポーツ紙の1面は、よ ...[続きを読む]


  • 避難所としては意外に狭い?

    2017年02月24日
    とんぼり通信

    2月5日に神戸市のフェリーターミナルで、民間フェリーを使った大規模震災時の被災者支援の実証実験が行われた。関西ではローカルニュースとしてテレビなどで報道されたが、関西在住の当方としては、全国ニュースになったのかどう ...[続きを読む]


  • 電気使用量で見守り

    2017年02月18日
    とんぼり通信

    福島の3.11原発事故以来、電力会社への風当たりは強い。その後、電力小売り自由化も行われたし、電力料金の引き上げも思うにまかせない状況が続く。なかでも、関西電力(関電)は高水準で、その分、新規参入業者からの猛烈な攻 ...[続きを読む]


  • 笑いで免疫力アップ

    2017年02月13日
    とんぼり通信

    大阪府のがん拠点病院は府立成人病センターである。現在はJR大阪環状線の森ノ宮駅近くにある。記者も何度も取材で訪れたが、古く、継ぎ足された病棟、診療棟が迷路のようになっていて最初は困惑した。がん拠点病院が全国に整備さ ...[続きを読む]


  • ボトル詰めは日本に馴染まないかも

    2017年02月07日
    とんぼり通信

    今年1月中旬以降、医薬品業界を賑わしているギリアドのC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品流通問題。実は行政担当者の間では、偽造品が出回るとすれば、「この薬剤だ」との見方が以前からあったらしい。ついにそれが現実 ...[続きを読む]


担当者一覧

googleAdScence

googleAdScence