医薬経済社

医薬経済社

医薬経済は医療・医薬を取り巻く環境の「いま」にフォーカス!

商品詳細

書籍画像

コーヒーのエビデンスがメタボ「予防」を解き明かす

珈琲一杯の薬理学

商品ID:83
カテゴリ:書籍

著者 : 岡希太郎 ISBN 978-4-902968-14-9 A5判 120ページ 2007年5月発行  日頃、なにげなく飲んでいるコーヒーが今見直されています。近年、コーヒーに関する疫学調査の量と質は他に類を見ません。  本書では、そのコーヒーについて国際医学雑誌に掲載された学術論文、これまで行われてきた疫学調査などのエビデンスに基づいたコーヒーの効用をコーヒーの薬学史とともに改めて検証しました。

通常価格
1,650 円 (税込)
数量
お支払い方法
備考欄

目次

第一章 珈琲一杯の薬史学  Pharmaceutical History of a cup of Coffee  秘薬発見のコーヒー起源伝説  世界最古の薬用コーヒー文献  イスラムのコーヒー禁止令  ヨーロッパ征服  大航海時代に世界制覇  中世ロンドンのコーヒー夫婦合戦  漢方の国へコーヒー上陸  日本薬局方とコーヒーノキ  癌の恐怖でコーヒー・エネマ  現代の疫学研究者がコーヒーに挑戦 第二章 珈琲一杯の薬理学  Pharmacology of a Cup of Coffee  コーヒー豆は薬の宝庫  トクホと比べたコーヒーの特徴  コーヒー焙煎はテーラーメイド  成分ブレンドコーヒーの効きめ  コーヒーノキは薬用植物  肝臓がん予防効果  コーヒーは「百薬の長」  2型糖尿病予防効果  クロロゲン酸の食後過血糖改善効果と降圧作用  パーキンソン病予防効果  気分をよくするコーヒーの香り  カフェイン  ニコチン酸とスーパービタミンB3  メタボリックシンドロームを巡る製薬会社の戦い  珈琲一杯の医療経済学


【著者紹介】岡希太郎(おか きたろう)

1941年5月6日 東京都出身 東京薬科大学卒業、薬学博士(東京大学) スタンフォード大学医学部留学 薬化学と臨床薬理学を専攻 臓器移植の薬理学、漢方薬の薬物動態、出生体重と成人病の関係などについて研究した。その経験を活かして、小学生のくすりの教育やコーヒー成分のブレンド法を追及し、予防医学へのくすりと食の情報を提供しつつある。研究成果の最初の結晶がワルツ社から発売されている。