医薬経済社

医薬経済社

医薬経済は医療・医薬を取り巻く環境の「いま」にフォーカス!

記者コラム

閉じる

心三の咆哮

  • 「語句はちゃんと守って」

    2022年01月21日
    心三の咆哮

     日本医師会がちょっと〝巻き〟を入れてきたような感じだった。昨日の「薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」でのシーン。参加する日医代表は、宮川政昭常任理事。これまで、宮川常任理事は声高に医師会の主張を強弁すると ...[続きを読む]


  • ある薬局の内覧会

    2022年01月14日
    心三の咆哮

     地元の駅近商業ビルがリニューアルして医療モールに生まれ変わった。1階には大手調剤薬局チェーンが入居し、上層階にはクリニックが構える。2階は女医さんが院長を務める眼科が、3階は糖尿病内科、4階には女医さんの眼科がオ ...[続きを読む]


  • スクープ潰し

    2022年01月06日
    心三の咆哮

     昨年暮れ、日本薬剤師会の山本信夫会長が年明け早々に、次期会長選への出馬を表明すると聞いたので仕事始めの5日、日薬に向かった( ...[続きを読む]


  • 第一人者、逝く

    2021年12月27日
    心三の咆哮

     元じほう社の藤田道男編集長が12月5日、亡くなった。享年73歳。薬局ドラッグストアといった「小売薬業」を専門として生涯通した最初の記者だった。取材テーマが重なることもあって、心三は20年以上のお付き合いだった。第 ...[続きを読む]


  • 一本取った財務省

    2021年12月20日
    心三の咆哮

     やっぱりというか、官邸・財務省がある程度想定していた通りの筋書きとなったようだ。技術料本体のマイナスまでには及ばなかったものの、22年度診療報酬改定は医師会に対して、医科の財源確保のために事実上のリフィル処方を呑 ...[続きを読む]


  • 数字上のマジック

    2021年12月15日
    心三の咆哮

     22年度診療報酬の改定率を巡る議論は「大詰めを迎えている」ようだ。ただ今回も、数字上のマジックを駆使した「見せかけのプラス改定」に落ち着きそう。というのも、史上3度目の「技術料本体のマイナス改定を内々定した」政府 ...[続きを読む]


  • 外枠とトップ会合

    2021年12月03日
    心三の咆哮

     以前、厚労省幹部に「一般のヒトにでもわかるよう『外枠』を説明して欲しい」と頼んだら、「社会保障費の伸びを抑制する目標を掲げたなかでの国家財政に対する〝協力費〟というのが名目で…」などと応えてきたので「違う、違う。 ...[続きを読む]


  • ワクチン接種の怪

    2021年11月25日
    心三の咆哮

     最近、新型コロナワクチンの供給メーカー関係者と懇談した。「びっくり仰天」といった驚きと「やっぱりそうか」という頷きと、両方だった。まず、彼らが口を揃えたのが、政府、厚労省、ワクチン担当大臣たちの「いい加減さ」と「 ...[続きを読む]


  • 続報、マイナス改定へ

    2021年11月15日
    心三の咆哮

     前回のコラム「ポスト衆院選2021」の続報。この前書いたのは「薬業界にとって、財務省との攻防は劣勢そのもの」と財務省の攻勢が強まると解説した。それが早速、現実のものとなった。財務省は11月8日の財政制度等審議会に ...[続きを読む]


  • ポスト衆院選2021

    2021年11月12日
    心三の咆哮

     衆院選挙後、2週間を経過し、製薬業界からはあまり「危機感」は聞こえてこない。なので、ちょっと咆える。今回の選挙は、野党共闘で自民党を追い込むのか、コロナ禍を経験し投票率は上がるのか(特に若者世代)、自民党が安定多 ...[続きを読む]


担当者一覧

googleAdScence

googleAdScence