医薬経済社

医薬経済社

医薬経済は医療・医薬を取り巻く環境の「いま」にフォーカス!

記者コラム

閉じる

とんぼり通信

  • 医療は狐の世界観

    2021年04月15日
    とんぼり通信

     精神科医で哲学者のトニー・ホープらが著した『医療倫理超入門』(岩波書店)の冒頭に、ギリシアの詩人アルキロコスの詩の断片「狐はたくさんのことを知っているが、ハリネズミはでかいことを一つだけ知っている」について、哲学 ...[続きを読む]


  • ニュースショーの国防婦人会

    2021年04月09日
    とんぼり通信

     新型コロナウイルスの大阪の感染者数が東京を上回る状況が続いている。東京を指標とすることで、大阪の蔓延ぶりが強調される展開だが、さすがに大阪人にも焦燥感が深まり始めたようで、夜のキタもミナミも人出は減ったと報道され ...[続きを読む]


  • コロナ休校が子どもに与えたこと

    2021年04月02日
    とんぼり通信

     これまで誰もがうっすらと感じていながら数値で見えてこなかった新型コロナウイルス感染症の家庭や子どもへの影響が、クリアで危機的な数値で可視化された、と強調したのは、3月30日に「コロナ禍における子どもへの影響と支援 ...[続きを読む]


  • 後発品使用促進はもう要らない

    2021年03月29日
    とんぼり通信

     存在が重要視されてくる、あるいは社会的に不可欠な存在として認識されてくると、抱える問題も多様化、多点化、複雑化してくる。それでも少し前までは、問題が認識できても、見なかったことにするとか、距離をおいたり、匂いが漏 ...[続きを読む]


  • 内在する差別意識への気づき

    2021年03月24日
    とんぼり通信

     多くの人がそうだろうと思うが、筆者は自分が差別することもされた経験も少ない、というか、ほとんど自覚的な記憶にはないと思ってきた。最近の話題で、容姿に関する差別感覚を「ルッキズム」ということを知ったが、そういったこ ...[続きを読む]


  • アナフィラキシーショック

    2021年03月22日
    とんぼり通信

     年を取ると何だかどうでもいいようなことが気になって、どうしても何か言いたくなってしまう。若い頃は、「年寄ってどうして話が長いのか」と不思議に思っていたし、いつの時代でも若い人は「年寄りの話は長い」って迷惑がる。「 ...[続きを読む]



  • ワクチン配送のプロって……

    2021年03月10日
    とんぼり通信

     中国から渡来した僧、鑑真が開いた唐招提寺の「鑑真和上座像」が8日、同寺から運び出され、京都国立博物館に運ばれた。27日から開かれる特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」で展示されるためだ。関西ローカルではときどき、こう ...[続きを読む]


  • 死亡者数が減ったって驚くか

    2021年03月04日
    とんぼり通信

     2月22日に厚生労働省が発表した人口動態統計速報によれば、2020年の死亡数は前年より9000人以上減る見込みだ。速報値なので、コロナ死亡者数の動向など不確定要素が大きく、例年と違って浮動要素も大きい。とりわけ、 ...[続きを読む]


  • 血路を開けなかった記憶の苦み

    2021年03月01日
    とんぼり通信

     雑誌のインタビュー記事で、ある男性有名人が学生時代は60以上のアルバイトをしたと言っていた。今は功成り名を遂げたが、若いときには一方ならぬ苦労をしたというアピール、まぁありがちな苦労自慢やけど、何か違和感がある。 ...[続きを読む]


担当者一覧

googleAdScence

googleAdScence