医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

記者コラム

閉じる

とんぼり通信

  • SETTSU STUDYが担うもの

    2024年02月27日
    とんぼり通信

     医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)が、「健康・栄養とウェルビーイング」に関するコホート研究、「SETTSU STUDY」を16日にキックオフした。大阪府摂津市の協力を得 ...[続きを読む]


  • 感情的にもほどがある

    2024年02月20日
    とんぼり通信

     ずいぶん前のことになるが、初めての子育てをしているとき、育児書のようなものに「親は子どもを感情的に叱ってはいけません」というフレーズがあって、強い違和を覚えた。違和というより反発といったほうがいいかもしれない。 ...[続きを読む]





  • 性差と性差別のあいまいさ

    2024年02月07日
    とんぼり通信

     保守系政治家の皆さんの性差別意識はなかなかの岩盤のようだ。内閣の一員の大臣を「おばさん」呼ばわりした挙句に容貌にまで言及した派閥の長。支持者で固めた集会での講演とはいえ、今どき女性差別をジョークのネタにするナンセ ...[続きを読む]


  • 「バカ」と舌打ち

    2024年02月05日
    とんぼり通信

     ちょっとした買い物や郵便局などに出かけると、かなりの確率で出会う男性の高齢者がいる。背が高く、細い。190センチくらいあり、背筋は真っ直ぐ伸びていて「カッコイイおじいさん」である。ただし、少なくなった髪は伸び放題 ...[続きを読む]


  • 遅刻の言い訳

    2024年01月29日
    とんぼり通信

     記憶にある限り、の話だが、仕事(取材)を含め、何かの約束や会合の時間に遅れたことは3回ほどしかない。多いか。そのうち2回は、厳密に言えば、その約束事自体を忘れていたので、正確には「すっぽかし」だ。相手をひどく怒ら ...[続きを読む]


  • 災害時のマイナカードの実用性

    2024年01月26日
    とんぼり通信

     石川県の能登地方を震源とした「令和6年能登半島地震」の発生から約1ヵ月が経過しようとしている。発災したのは元旦の午後4時過ぎ。大阪も揺れた。震度4。大阪の自宅マンションでのお屠蘇気分のほろ酔いは吹き飛んだ。 ...[続きを読む]



担当者一覧

googleAdScence

googleAdScence