医薬経済社

医薬経済社

医薬経済は医療・医薬を取り巻く環境の「いま」にフォーカス!

記者コラム

閉じる

とんぼり通信


  • 大阪市民のワクチン接種騒動記

    2021年06月09日
    とんぼり通信

     大阪市が7日から独自の新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターをスタートさせた。65歳以上の高齢者を対象に1日最大で3500人に接種する方針だ。初日の7日は1800人が、住之江区のインテックス大阪に足を運ん ...[続きを読む]



  • 忘れられていく日々

    2021年05月31日
    とんぼり通信

     巣篭りが続いている。この緊急事態宣言は長い。つくづく思う、いったいこれまで生きてきて、もうあと残りは少なくなったことすら自覚しているのに、どうして居酒屋で旧友と飲めないのか。この仕打ちはなんだ。仕事も少なくなって ...[続きを読む]


  • ホントにやりますか、オリンピック

    2021年05月24日
    とんぼり通信

     わかりきったことだが、誰にも心のどこかに潜在する差別の感情がある。「差別などしたことがない」と考えていても、ひょっこりとその存在を自覚させられることもあるし、人から指摘されて気付くこともある。指摘されると、反応は ...[続きを読む]


  • 薬剤師によるワクチン接種って……

    2021年05月21日
    とんぼり通信

     前回、薬剤師によるワクチン接種を求める意見が関西からあがっていることに言及した。4月20日、関西広域連合が政府に対して行った「新型コロナウイルスの感染急拡大を受けた緊急提言」で、薬剤師など(医学生や看護学生)が特 ...[続きを読む]


  • 今そこにある研修の必要

    2021年05月14日
    とんぼり通信

     大阪府薬剤師会は16日から、8月から運用が開始される予定の「地域連携薬局」の認定薬局申請をにらんで、審査要件のひとつとなっている健康サポート薬局研修をウェブでスタートさせる。 ...[続きを読む]


  • 大阪弁がラジオから聞こえた日々

    2021年05月11日
    とんぼり通信

     12歳まで、山口県と大分県のいずれも海辺の田舎町で暮らした。小学生時代を過ごした大分県の漁村では、テレビは居酒屋を兼ねる酒屋にしかなく、男の子たちは昼間、海で遊び、夜は貸本屋で借りた本を読んだり、ラジオを聞いて過 ...[続きを読む]


  • 「大阪はどうしようもない」らしい

    2021年05月06日
    とんぼり通信

     5月5日の子どもの日、あるメールマガジンを読んでいると、配信されたばかりの記事に、医療法制に詳しい弁護士さんの小論が目に入った。オリンピックの開催とコロナに対応する医療従事者の確保に関する提言だ。緊急的に臨時的に ...[続きを読む]


  • 炎天下の体温測定

    2021年04月27日
    とんぼり通信

     大阪府に3回目の緊急事態宣言が出された翌日は、3ヵ月前から予約されていた狭心症の定期診察の日だった。何年か前に京都の私鉄駅で倒れ、その後も何度か軽い発作があった。ということで、3ヵ月に1回、大病院の循環器専門医の ...[続きを読む]


担当者一覧

googleAdScence

googleAdScence