医薬経済社

医薬経済社

医薬経済は医療・医薬を取り巻く環境の「いま」にフォーカス!

記者コラム

閉じる

とんぼり通信

  • 堂島ツインタワーにできたもの

    2017年06月14日
    とんぼり通信

     日曜日午後6時から30分間、東京ではフジテレビ、関西では関西テレビで放映されている音楽番組「ミュージックフェア」(通称MF)を知らない、観たことがないという人はいないと思う。時間帯は今と違うが、放映開始が1964 ...[続きを読む]


  • セカンドオピニオンは関西がお得?

    2017年06月08日
    とんぼり通信

     主にがん患者には関心が強いと思われるが、セカンドオピニオンは普及しているのだろうか。2013年に厚生労働省が5000人のがん患者にアンケートしたところでは、利用したことのある患者は22.4%だったそうだ。がん患者 ...[続きを読む]


  • 企業城下町の人口減少対策だが……

    2017年05月30日
    とんぼり通信

     空港モノレールといえば、多くの人がイメージするのは東京の羽田空港から浜松町までをつなぐ路線だと思うが、大阪にも存在する。ただ、東京が都心に直結するのに対し、大阪では、伊丹空港から千里中央を通り、門真市までをループ ...[続きを読む]



  • 使用期限切れ品陳列で、名を馳せる

    2017年05月16日
    とんぼり通信

    先月、九州エリアで展開するドラッグストア企業、「JR九州ドラッグイレブン」が自店舗の店頭で使用期限切れの医薬品を陳列、販売した可能性があるとして自主的に発表を行った。その後も、全店舗で自主点検を実施し、複数店舗で使 ...[続きを読む]


  • 闘病記を集めたフェスティバル

    2017年05月08日
    とんぼり通信

     ゴールデンウィーク中の5月3日~5日の3日間、大阪・上本町の近鉄文化サロンで、「闘病記フェスティバル『まえをむいて生きる』」が開かれた。著名人の闘病体験が何かと耳目を集めているなか、一般の人々の闘病記にも関心を持 ...[続きを読む]


  • 高齢ドライバー冬の時代

    2017年04月27日
    とんぼり通信

    前回、75歳以上ドライバーの「認知機能検査」に関連する、「診断」運用の難しさを取り上げたが、後期高齢者だけでなく65歳以上のドライバーには自ら運転技能に対する再確認する人々が増えている。75歳以上は義務だが、皆さん ...[続きを読む]


  • 高齢ドライバーの認知機能検査

    2017年04月25日
    とんぼり通信

     3月12日に道路交通法が改正され、75歳以上の高齢者は運転免許更新時に「認知症のおそれがある」と判断された場合は医師の診断を受けることが義務付けられた。一般人にとって、高齢者ドライバーの逆走事件・事故の続発や、ア ...[続きを読む]



  • 東京から来た大阪人

    2017年04月10日
    とんぼり通信

    先輩格の知人と久しぶりに飲む約束をしたが、所要が長引き待ち合わせに遅刻した。年長者を待たせるのは畏れ多い。恐縮しながらテーブルに着くと、彼はビールを飲みながら買ってきた夕刊を熱心に読んでいた。大学から東京で暮らし、 ...[続きを読む]


担当者一覧

googleAdScence

googleAdScence